事業再生・破産のご相談

事業を再生させる方法を知らずに窮地に立ってしまうケースが多くあります。事業の再生、再起のために、弁護士がサポートをします。

早期のご相談が新たな道を切り開く鍵

大口の売掛先が倒産したり、売り上げが不振になったり、取引金融機関からの支援が打ち切られた・・・・

経営者としてこれらに事情が生じた場合どう対処するか、 事業を継続する上での大きな壁に向かい合うことになります。

事業継続に黄色信号がでたとき、相談できる専門家(事業再生を手がけている弁護士 公認会計士、税理士)はそばにいますか?

経営者お一人で悩んでいても、なかなか解決策はみつかりません。すぐにご相談下さい。事業の再生、承継、発展のために、法的アドバイス、対外的交渉、訴訟の提起などを行い、様々な角度からサポートいたします。

イメージ写真

事業再生か破産手続きに移行すべきか

  • 会社または主要事業で一定の利益があるか
  • 経営改善により利益を計上できるか
  • 利益は債務弁済に十分か
  • 金融支援に経済合理性があるか
  • 法的整理より私的整理が合理的か
  • 私的整理
  • 私的整理
  • 法的再生
  • 破産など