顧問弁護士を依頼するメリット

顧問弁護士を依頼するメリット

いつでも法律相談が可能

顧問契約を結んでいない場合、予約をとって相談を受けることになります。

しかし、弁護士が、複雑な訴訟の証人尋問を抱えていたり、事件処理で多忙な際には、予約日時が後日になったり、時期によっては予約をお断りする場合もあります。

顧問契約を結んでいれば、いつでも優先的に相談が受けられます。

イメージ写真

気軽に相談が可能

顧問契約を結んでいない場合、事業の内容、社員構成、取引先との関係など、初めから全てお聞きすることになるので、どうしても、相談時間が長くなりがちであり、また大事な情報を話し忘れるというようなこともあります。

これに対して、顧問契約を結んでいる場合、何度も話をしているため、いざ何か相談をするときにも前提事実を踏まえた上での会話になるので、電話で気軽に相談して、それで済むことも多いです。

イメージ写真

会社の信頼が向上

取引先との交渉・取引などにおいても、顧問弁護士がいるということで、その会社への信頼度が上がります。

会社・社長が意見を述べる際にも、自分だけの考えではなく、顧問弁護士の法的アドバイスも踏まえた上での意見であれば、信頼度は違ってきます。

イメージ写真

長い目で見れば、間違いなく経済的に得

上記のような普段の相談においても、経済的にプラスになると思います。

さらに、顧問弁護士がいない場合に何かあった場合、初期対応を間違えて損害が拡大したり、対処が遅れて取り返しのつかない状況になることはあります。

イメージ写真

当事務所では、上記のような有用な顧問契約を、気軽に利用していただけるよう
「お試しプラン」
も用意しております。